Home

英語の勉強効率を上げる方法

toeicの勉強法にポッドキャストを活用

toeicの勉強法にはさまざまな方法があります。

まずは第1歩としてtoeicとは何なんなのかを知るところからはじめましょう。

簡単に言うと世界共通の英語力を確かめる試験のことです。

英語の試験には英検という有名な試験があります。

現在はまだ英検の受験者の方が多いですがその差は少しずつ縮まっています。

昇進の条件にもなっている企業も多いようです。

また、年24回試験が実施されるので気軽に何度もうけることが可能です。

最近はコンピューターで試験となっていて時代とともに変わりつつある試験です。

toeicの勉強法の話に戻しましょう。

この忙しい時代に時間を作って英語の勉強をするのはなかなか難しいものです。

通勤時間を利用した勉強がもっとも現実的な勉強方法ではないでしょうか。

toeicの参考書は大抵CD化されています。これをMP3に変換すればいいのです。

最近はCDからMP3に変換する便利なソフトも存在します。

この変換ソフトでお勧めのソフトが、「超録」と言うソフトです。

このソフトを使えば長時間の大量音楽ファイルに変換することが可能です。

また、参考書のCDのみではなく自ら問題集や参考書の解説を音読して録画したものを聞く方法もかなり有効な方法です。

toeicの勉強法はレベルに応じて

toeicの勉強法はレベルに応じて行うのが良いとされています。

まずレベルについて、自分はどのくらいのレベルにあるのかを知る必要があります。

基本的に400点以下の方は初心者レベルだといえるかもしれません。

初心者レベルの場合には、まず英語の基本である文法をしっかり見直す必要があるといえるでしょう。

この点で比較的多く参考書やテキストが出されていますので、それらを参考にして学習してみると良いでしょう。

では、続いて400点を超える中級レベルの方でしたら、どのようなtoeicの勉強法が良いのでしょうか?

中級レベルの場合でしたら、基本的な部分は押さえているわけですので、総合教材などで総合英語力を高めていくと良いかもしれません。

よく言われることですが、問題集や過去問などで500点くらいまでは点数が上がっていくのですが、なかなかそれ以上の点数に伸びにくいといわれています。

TOEICテストマラソン、ヒアリングマラソン 、マジックリスニング などの教材は有名ですし、何かをしながら聞くことができますので、普段忙しい方はもちろんのこと、英語の総合力を上げたい場合には最適な教材だといえるかもしれません。

toeicの勉強法はIPテストでは

toeicの勉強法はIPテストでは通用しないのではないかと考える方も少なくないかもしれませんが、IそもそもPテストとは、団体特別受験制度のことでTOEICテストには変わりはありませんので、 toeicの勉強法は十分効果的です。

このIPテストは社内英語検定や新入社員の英語能力測定などで用いられることがありますが、一番注意しなければいけないのはリスニングの際の音質です。

TOEICのIPテストの音質は会場によって違うのが一般的ですので、音質の悪い会場にあたってしまった場合には普段なら聞き取れていたような言葉でも聞き取れなくなってしまうというようなケースも珍しくありません。

実際それらの原因で、大幅に減点してしまった方も少なくありません。

ですので、これらのことを踏まえて自宅でリスニングの勉強をする際には少し音を小さくして行ったりするのもひとつの方法かもしれません。

また、映画、海外ドラマ、ニュースなどで耳を慣らしておくことによって、どんな環境でも聞き取れるような力を身につけることができるようになることでしょう。

また他の部分である単語や文法もいうまでもなく重要ですので、全体的にバランスよく勉強していく必要があります。

toeicの勉強法と日程の組み方

toeicの勉強法と日程の組み方ですが、まずリスニングとリーディングのバランス を考えて偏らないような日程を組む必要があります。

ここでいうバランスといいますのは、時間のバランスではなく、点数のバランスであるという点を明記しておく必要があります。

つまりリスニングが苦手であれば、それに少し重心を置いたプログラムにしていくとか、あるいはリーディングに自信がないようでしたらそれに時間をかけるというのも良い方法です。

そして具体的な目標を立てることもtoeicの勉強法として良い方法でしょう。

たとえばtoeic600点を目指す場合でしたらリスニングを300点、リーディングは300点になるように学習すればバランスよく学習することができるようになります。

また長期のスパンで考える場合には、まずはじめの1ヶ月は自分の実力を把握することに努めると良いでしょう。

このようにすることで自分の弱点がはっきりします。

またコツですが、文法問題は学習しても忘れやすい傾向がありますので、なるべくテストの直前に勉強したほうがスコアアップが望めます。

また、勉強する場合には、普段から単語カードを持ち歩いていたり、英語のリスニング教材などを持っておくことも点数アップに効果的でしょう。

Return to page top